ホームページ項目


いろいろな皮膚病

赤ちゃんに多い皮膚トラブル

おむつ皮膚炎

ぬれたおむつを長い間着ていると起こります。赤ちゃんの排泄物による刺激や菌の繁殖により皮膚が荒れて皮膚炎を起こします。症状が進むと、皮膚が赤くめくれ、びらんという状態になることもあります。
赤いだけの状態では、炎症を押さえる塗り薬を使用したり、皮膚を保護するような塗り薬を使用します。びらんの状態になったら傷が治りやすくなるような塗り薬を使います。
このようなことにならないように、排泄物でおしりがよごれたときは早めにぬるま湯などで洗ってあげてください。


皮膚カンジダ症

おむつ皮膚炎とよく間違われる病気です。カンジダという真菌(カビ)が外陰部やおしりにくっつく病気です。おむつ皮膚炎と思い治療していてもなかなか赤い皮膚が治らなかったり、症状が悪くなっていくときはこの病気のことがあります。この病気の場合は皮膚のカサカサを顕微鏡で調べて、カンジダの菌がいないか確認して診断します。治療は真菌に効果のある塗り薬を使用します。


ほっぺたが真っ赤

赤ちゃんのほっぺたが真っ赤になり、心配して診療所を受診される患者さんがいらっしゃいます。赤ちゃんのよだれが多くなるとこのような症状が起こることが多いです。赤ちゃんのよだれにより、皮膚が荒れて真っ赤になってしまいます。
赤ちゃんが小さいうちはよだれが多い時期がしばらく続きますので、予防的に保湿剤などで皮膚に膜を作ってあげてよだれの影響が皮膚に及ばないようにしたりします。症状が強いときには炎症をおさえる塗り薬を使用することもありますが、ほとんどの赤ちゃんでは保湿剤などの使用で良くなっていきます。


皮脂欠乏性湿疹

赤ちゃんの皮膚がカサカサで赤ちゃんが痒がっていることがあります。特に冬になると皮膚が乾燥し、皮膚はカサカサになりやすいです。皮膚がカサカサになると痒みも発生します。
治療としては、痒みが強い時は、痒みを押さえる塗り薬を使用したり、痒みがそれ程でもないときは、保湿剤を使用し、皮膚が「しっとり」するようにしてあげます。赤ちゃんの皮膚はやわらかくデリケートなので、入浴のときにナイロンタオルなどでごしごしこすったりはしないようにしてあげてください。


ページのトップへ戻る