ホームページ項目


いろいろな皮膚病

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひとはこんな病気です

この病気は、黄色ブドウ球菌化膿連鎖球菌が皮膚に感染して起こった病気です。これらの感染によって、体に水疱(水ぶくれ)、膿疱(膿を含んだ水ぶくれ)ができ、それらが破れてびらん(皮膚がすりむけた状態)になります。


治療方法

内服――皮膚についた細菌に対して効果のある抗生物質をのみます。
外用――外用剤を傷口に塗布します。
入浴――シャワー等で皮膚をきれいに流してください。
日常生活――接触により他の小児にも感染しますので、感染の機会があるようでしたら、学校等を休ませてもらうことも必要です。病変部位が乾燥してきて、痂皮(かさぶた)を形成になってきましたら学校へ行くことは可能です。


外用の方法

・発熱等の全身症状がなければ、シャワー等で傷口をきれいに洗い流して下さい。
・傷口をこちらで処方した消毒薬で消毒して下さい。綿棒に消毒薬をつけ、傷口を消毒しますが、一度傷口を消毒した綿棒を再び消毒薬につけることはやめて下さい。
・こちらで処方した外用剤を清潔なガーゼにつけて傷口を覆って下さい。傷口が乾燥しすぎると新しい皮膚がうまくはりませんので外用剤は少し多めに塗って下さい。


注意点

最近この病気では、抗生物質が効きにくいMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)という細菌が原因となっていることが多くなっています。この場合には別の抗生物質を内服する必要があります。


ページのトップへ戻る